2018年09月03日

福岡の社員研修、職員研修、顧客サービスイベント、勉強会のご依頼をワンストップサービスでお応えします

福岡社員研修2018
福岡はじめ九州の企業団体の皆様の職員研修、講演、講話、勉強会のご依頼をワンストップサービスで企画実施いたします。
在福岡のカラー色彩の専門家を使うことで、ご予算を大きくスリム化し、事後のアフターフォローもフットワークの良いカラーコンサルなら安心です。

▼今日は、実際の研修や講習の様子を画像付きでご覧いただけますよう10枚画像アップしました
https://mbp-japan.com/fukuoka/color/column/5002529/


イルドクルールと、イルドクルール系列のカラーリストは、ここ福岡で、照度がベスト、色温度がベスト、演色性は物理的に最高値のRa99AAAの光源を使って、誠心誠意でカラー診断に取り組んでいます。
カラー診断専用標準光福岡2018


イルドクルール
ご相談お問い合わせは24hメールで受け付けています
電話092−731−0365

★イルドクルール天神福岡は、天神の中心部で、特に地理的に不安な女性、方向に弱い女性に、「わかりやすい」「探さなくて良いから安心」と好評いただいています。
天神高速バスセンターからも徒歩5分圏内/ほぼ200M、福岡市営地下鉄/西鉄大牟田線福岡駅からも徒歩5分圏内です。
▶︎イルドクルールのWEBサイトのトップページの地図を確認する
  


2018年07月30日

講演、講習、企業研修、勉強会、技術指導、をワンストップサービスで提供

カラー研修福岡松元昌子2018
研修や講演の講師のセレクトや講演内容で頭を悩ましていらっしゃる担当者様。
カラー/色彩の内容のコンテンツは、男性女性のべつなく広い年齢層の方々に興味関心を持っていただける旬の内容です。

福岡天神のカラーコンサルタント/イルドクルールは、丁寧なヒアリングを行い、毎回ゼロからオリジナルで企画と運営をいたします。

在九州、在福岡のカラー/色彩の専門家が、福岡の色彩に関する講演、講習、企業研修、勉強会、技術指導、をワンストップサービスで提供します。
▶︎松元昌子の今日のカラーコラム 

イルドクルール
お気軽にメールでお問い合わせください
color@e-sikisai.com
電話092-731-0365

  


2018年07月18日

福岡の社員研修、福利厚生のイベント、講演会や講習

カラーセミナー福岡2018
福岡の企業団体の顧客サービスや福利厚生、講習や研修担当者の皆様。
今度の研修、講演、勉強会、どうしよう、誰を呼んだらいいのだろう? を、一挙に解決。カラーの講演、研修、勉強会は広く男性女性の別なく活かしていただけます。
福岡には地域密着型の色彩/カラーの専門家がいます。
http://mbp-fukuoka.com/color/column/13141/

イルドクルール福岡天神
メール color@e-sikisai.com
電 話 092-731-0365
  


2018年05月10日

福岡で企業研修、福利厚生にカラー/色彩講演、セミナーが好評いただいています

カラー研修講演福岡イルドクルール
福岡で年間を通じて、企業団体様の職員研修、企業研修、勉強会、また福利厚生のイベントとして色彩講話やセミナー、カラーコーディネイト講習、色彩心理の講話、色彩学の基礎レッスン、等々のコンテンツが好評いただいております。

研修やイベントは定期的に行うもの。
担当者様としては毎回その内容、人選、そして予算内での企画運営と、頭が痛いことばかりです。

また、中央の東京や大阪から講師を招聘するとなると、交通費や宿泊費もプラスされ、予算的に通る企画も通らない時代が来ています。

福岡のカラーコンサルタント、イルドクルールでは、そのような研修や勉強会の企画実施のワンストップサービスを致しております。

毎回コンテンツは100%オリジナルでご要望に沿った内容に、既存のアカデミックな色彩学や色彩検定テキストの焼き直しのような無味乾燥な講話や研修はいたしません。

ぜひ、九州福岡、地域密着型のアフターフォローも万全な安心のカラーコンサルタントにご要望をお気軽にお寄せください。

▶︎ 社員研修、福利厚生に好評いただく色彩セミナー/講演


カラーコンサルタント/カラースクール
イルドクルール
電 話 092−731−0365

メール color@e-sikisai.com  


2017年06月24日

梅雨や雨の日のパーソナルカラー診断はできないと言われます@福岡天神

カラー診断福岡天神

パーソナルカラー診断は、福岡でなくても全国で、雨の日には行わないという基本があります。
それは、基準になる光、自然光の昼の間の晴天の北天からの間接光を参照すべきというという基本の概念があるからに他なりません。


「じゃあ、雨に日はできないの?」
「カラーリストは雨天休業ですか?」


しかし、日本全国、雨の日にカラー診断を休業するカラーリストはきっと居ません。
雨が降ったら、太陽光や自然光は望めないけど、とりあえず室内の照明で行いましょう、…と言うことになっています。

つまり、参照にすべき光源や条件は基本概念として掲げながら、
「晴れてなかったら仕方ないからね」…が、既存の多くのカラー診断だったのかもしれません。

カラーコンサルタント・カラースクールでは、この大きな矛盾点を問題視。
まず、太陽光が不安定であてにならないこと。
また、代用にする室内光が品質的にまちまちで全くあてにならないこと。
他に、カラー診断を行う場所やサロン、カラーリストごとに使用する光や光源、環境が全く基準がないこと等々を全てゼロベースで見直し、改善させました。

もう導入から5年。
イルドクルールは、いつでもだれでもどこでも同じ光の条件。
しかも、色が正しく見える光学的裏付けの最適な色温度、最適な照度、国内外最高レベルの演色性の光源を使うアシストライトというライトセッティングで特許庁実用新案を取得しました。

福岡天神に2017年6月1日移転OPENした新しいカラースタジオにもこの照明は常備。
また、福岡はじめ九州各県の色彩講演や色彩講習、出張カラー診断にもいつも携行し、クオリティの均一化を実現しています。
晴れでも雨でも、冬でも夏でも、イルドクルールはいつも同じ最高レベルの色が正しくメイル光を使ってカラーサービスにつとめています。



▼福岡天神の便利で安心、それでいてリーズナブルな福岡天神のカラーコンサルのメニューはこちらをご覧下さい。
http://www.e-sikisai.com/coloranalysis1.html

  


2017年06月07日

福岡天神でオンリーワンの色彩勉強会/福岡色彩塾は無料で要予約

福岡色彩塾2017
福岡市で定期的に開催されている、カラー/色彩の勉強会/福岡色彩塾。
ご参加いただく方々に、好評いただいております。


「福岡でカラーや色彩の事をどこに相談に行けば良いかわからなかった」
「なかなか福岡で色彩の情報が無かった」
「これまでネット上のあやふやな情報にまどわされていた」
「カラー/色彩の学ぶ方法がわかった」
「カラー/色彩の活かし方のヒントが手にできた」


福岡色彩塾は、再開した天神カラースクールの一環としてこの2017年6月は連続5日間福岡天神イルドクルールで開催。
ぜひ、最新のカラー/色彩の情報をお持ち帰り下さい。
参加費は無料ですが、定員があり事前予約の先着制で承っています。

▼2016年6月開催の福岡色彩塾の情報とお問合せお申し込み先
http://mbp-fukuoka.com/color/seminar/2/
  


2017年01月17日

福岡の最新の色彩/カラーの情報なら

イルドクルール 2017

福岡の最新の色彩/カラーの情報なら、
KBC/マイベストプロ福岡
松元昌子の最新情報をぜひご覧下さい。

色彩学、色彩の検定、パーソナルカラー、カラーコーディネイト、カラープランニング、カラーセラピー/色彩心理、カラマネ、環境色彩、景観色彩、色彩の勉強、等々、福岡の色彩/カラーに関する情報がほぼ毎日アップされます。


▼イルドクルール 松元昌子のカラーコラム一覧

http://mbp-fukuoka.com/color/column/

おかげさまでマイベストプロ福岡では、2012年から継続してカラーに関するコラムをアップしております。

福岡のよりたくさんの方々に色彩に関心を持って欲しいから。
福岡の皆様に色彩の効果をもっと活用していただきたいから。
そして、
福岡の皆様にもっと色を楽しんでいただきたいから。


おかげさまで九州福岡で23年
カラーコンサルタント/カラースクール
イルドクルール
http://www.e-sikisai.com
  


2016年09月26日

色彩検定をカラーコンサルタントがご指導さし上げると言う事

color fukuoka 2016 tenjin akasaka

AFT色彩検定は、色彩関連では最も国内で良く知られた検定でしょう。
私たち福岡のイルドクルールでは、色彩検定の講師ではなく、カラーコンサルタントが色彩検定を勉強される方々の指導を担当させていただいています。

カラーコンサルタントは、実際に印刷やWEB、ファッションや建築設計施工、まちつくり、様々なプロダクトやものつくりの現場でカラーの部分を担う専門家。
私たちカラーコンサルタントは、逆にそのような現場の経験が無い、または浅い色彩検定だけに特化した講師が、検定試験対策として色彩検定をどのようにご指導なさるのか少し不安です。

当然、指導はテキストや問題集がメインでしょう。
しかし、マンセルやDIC、PANTONE、また建築に必須の日塗工の色見本も所持しない講師が、どのようなご指導をこれまでなさって来られたのかいささか疑問を持っています。
実際どのような業種でも、上記のような色の標準は必須。
所持しないで色彩の仕事はできません。
また、今では色の表現はほとんどデジタル。
当然、PCやモニター上での色の扱いを熟知していないと、指導はただの机上論になりかねません。

AFT色彩検定は、あらゆる専門分野で活用できると謳っています。
であれば、今現在AFT色彩検定受講者、受験者が減少の一途にあるのは、実践的な指導があまりなされて来なかった事が大きな原因ではないかと考えています。

おかげさまで、カラーコンサルタント/イルドクルールには、
「色の専門家/カラーコンサルタントに色彩検定を指導いただきたい」
と、九州各地からご要望が増えています。


▼秋から福岡はじめ九州各県で新しいカラーの講座が始まります
福岡・わかる使えるパーソナルカラー基礎講座

http://www.e-sikisai.com/pg108.html







  


2016年09月15日

福岡天神でカラーコンサルタントサービス開始します

tenjin color 2016
福岡天神で皆様のカラー・色彩のご相談を受け付け開始します

この度、イルドクルールのカラーコンサルタントオフイスをリニューアルすると同時に、福岡天神にスタッフを常駐させ、福岡の皆様のカラー・色彩のご相談の対応ができるようにいたしました。
(メインオフイスは、福岡市中央区赤坂けやき通りになります)

福岡天神は天神IMS内のデジハリ福岡校(11F)コワーキングスペースに、カラーのエキスパートを配置します。事前のご連絡をいただければ、福岡天神でのご相談やコンサルの初期的なご対応が可能になり、福岡の皆様の利便性がアップします。

⚫︎ご相談のご予約等は、
イルドクルール
電 話 092-731-0365
メール color@e-sikisai.com
〜にお寄せください。



▼秋から福岡はじめ九州各県で新しいカラーの講座が始まります
福岡・わかる使えるパーソナルカラー基礎講座
http://gooschool.jp/sc/iledecouleurs/le/00088/sh0001/

「福岡のイメージコンサルタントをおさがしではありませんか?」
http://mbp-fukuoka.com/color/column/10592/
「福岡のイメージコンサルタントができること」
http://mbp-fukuoka.com/color/column/10599/



画像を使って色と光について福岡の皆様に解説しています
▼パーソナルカラー診断に適さない光をお見せします
http://mbp-fukuoka.com/color/column/10073/
▼標準光カラー診断と建築の色彩の関係
http://mbp-fukuoka.com/color/column/10062/
  


2016年08月19日

福岡のカラーコンサルタント・イルドクルールでは

color fukuoka 2016


カラーコンサルタント・イルドクルールは、福岡で日々、色彩学、カラーコーディネイト、カラープランニング、パーソナルカラーそして色彩心理に関わる専門的な業務に従事しています。
今回は、docomoさんの系列サイトにコンテンツ制作協力させていただきました。
http://www.alicey.jp/article/41207


カラーコンサルタント・イルドクルール
http://www.e-sikisai.com
  


2016年05月27日

パーソナルカラー診断には色が正しく見える光が必要です・福岡のカラー診断会のクレームが増えています


colorist fukuoka

今日も、福岡で行われたカラー診断会での、色と光のトラブルの情報が入ってきました。
未だに、自然光に依存したカラー診断で、しかも夕方に暗いところで行われ、しかも有料だったということです。
ご報告の当事者の方は、以前にイエローベースのパーソナルカラーの判定を受けた人が、ブルーベースに判定を受け、大きな疑問と不信をいだいておられました。

おそらく、夕方にかけて照度が不足して、判定に影響したのでしょう。



今からパーソナルカラー診断用の照明やライトをおさがしになるカラーリストの皆様へ。

私たちカラーコンサルタントは、約10年前、カラー診断の現場の採光や光源の状況が均一でなく、しかも、過酷なほど地域や時刻、天候や方角で全く条件が異なってしまう太陽光・自然光至上主義に強く疑問を持ってリサーチを始めました。

特に、理論上は晴天の昼の間の北の窓からの間接光が理想とは言われながら、日本独自の住宅事情の悪さからベストな環境が提供できるのは(もし晴天であっても)、1日あたり事実上お1人程度となる現実も問題でした。

結果、カラーコンサルタント・イルドクルールは実用レベルでないと、自然光依存のパーソナルカラー診断をあきらめました。あくまでも理想は理想、理論は理論なのですが、その環境が誰でもどこでもいつでも入手できない、提供できないのなら諦めて新しいテクノロジーに頼るのが普通です。

さて、実際にパーソナルカラーの業界以外は、クリエイティブな業界、ものつくりの業界、そして色に関わる研究の業界、全てと言って良いほど、色を判定したり、色を決めたり、色を見比べたり、色を測ったりするケースはまず標準の光を使うのが基本中の基本です。

今更のように、パーソナルカラーの現場に適した光は何なのだろう、カラー診断に適した照明は何だろう、そうやって勉強会やセミナーも行われていますが、それは他業種であれば誰でも意識して実践できていること。
結論は出ています。
逆に、パーソナルカラーの業界だけが、なぜか「今から」の方々が多いのです。

今は、試行錯誤しているタイミングではありません。
普通に、色が正しく見える、色を厳しく判定するための条件や機器やノウハウはいくらでも提供されています。


私たちイルドクルールは、すでに5年前から日本中のパーソナルカラーリストさんに、「色が正しく見える光の環境、いつでもどこでも同じ光の条件」のノウハウを具体的に提供始めました。




カラーコンサルタント・イルドクルール福岡
http://www.e-sikisai.com
電話092-731-0365
メール japancolorbank@aol.com  


2016年03月22日

PCモニターは色調整なさっていますか?@福岡

PC fukukoka color

福岡でパソコンやMacを使って、デザインや色々なクリエイティブワークに関わっておられる方。
また、福岡で同様にパソコンやMacを使って、アートやカラー、デザインを勉強中の方。
また、パソコンやMacを使って写真を編集なさっておられる方。

まずモニターの色が正確に表示できていないと、Adobe Photoshopや同Lightroom,Bridgeを使っての写真編集、RAW編集は実に意味が無く、徒労に終ってしまう可能性があります。

また、Adobe CCを使っての、グラフィックデザイン、WEBデザイン、映像制作、これも、まずモニターが正確に色を表示していないと大きなロスが出るばかりでなく、作品のクオリティを落す可能性さえ出て来ます。

どんな優れたモニターであっても(EIZO等の一部メーカ一部機種にはキャリブレーション機能がデフォルトで入っていますが)、モニターは個体差もあり、また劣化もあり、当然使用環境の光環境もあり、色はいつまで正確に表示できません。

ipad color fukuoka

ギターはチューニングが必要。
ピアノは調律が必須です。
もちろん、PCモニターは、キャリブレーションが必要です。


ぜひ、カラーコンサルタント/イルドクルールにお気軽にご相談下さい。
適材適所なモニターの管理手段をアドバイスさせていただきます。

おかげさまで九州で22年
カラーコンサルタント/カラースクール
イルドクルール
http://www.e-sikisai.com
  


2016年03月08日

福岡のパソコンのモニターキャリブレーション情報

datacolor fukuoka

福岡でも一般的には、パソコン/PCやパソコンモニター、誰であってもご自分が使っておられるマシン、色が正確だと過信します。

それはMacであれ、Windows PCであれ同じ。

ましてや、高価なマシンであれば、高価なモニターであれば尚の事。

色が正しくないはずがない!

…と思いがち。

でも、その製品の構造上、色のキャリブレーションが必須です。

それはギターのチューニング、ピアノの調律と同じ。
モニターの色表示もチューニングが必要なのです。

意外なほど、福岡市内や北九州市内のPCショップや家電品専門店でもキャリブレーションについてに満足な説明は得られません。

どうぞ、福岡のカラーコンサルタントにご相談ください。
ただし、このキャリブレーションに対応できないカラーコンサルタントが実は一般的。

モニターのキャリブレーションについて的確な援助と情報、ヒントを提供できる福岡のカラーコンサルタント・イルドクルールにご相談ください。
適材適所な、キャリブレーション用の機器やソフトを、選定から導入、運用までご助言さし上げます。


カラーコンサルタント
イルドクルール
http://www.e-sikisai.com
電話092-731-0365
  


2015年11月07日

PCやMac、色は適正ですか?@福岡

spyder fukuoka kyusyu

福岡で、制作現場のクリエイターの皆様から、色的に、モニターをキャリブレーションすると、どのくらいちがいが出るのだろう?
そう言うご質問を多くいただきます。

リクエストいただければ、モニターキャリブレーション、何を選べば良いのか、どうすれば良いのか、説明に上がります。
WEB制作の現場には特にマストな事ですので、強くおすすめします。
また、色的に、光的に、照明的に、どう制作環境を改善すべきかもご提案します。


福岡/九州でカラーマネジメントやカラーマッチングのお手伝いができるオンリーワンのカラーコンサルタントです。

パソコンやMacのカラーマッチング、キャリブレーション
カラーコンサルタント/イルドクルール
http://www.e-sikisai.com/topics.html
電話092-731-0365
メール japancolorbank@aol.com
  


2015年10月22日

福岡の色彩/カラーの研修、勉強会、ご利用いただいています

colorschool fukuoka

福岡のカラーコンサルタント/カラースクール/イルドクルールは、
福岡の色彩/カラーの研修、勉強会、ご利用いただいています。

個人様、企業団体、公立および私立の学校および教育機関、生涯学習施設、就労支援スクール、また公民館と実にご要望いただくお客さまは多岐にわたります。

既製品、つまりレディメイドのカリキュラムや研修内容ではなく、かならずご要望いただく主旨に沿った内容になる様にゼロからオリジナルで教材も作成。
ピンポイントで、今日から役に立つ内容は各方面でお喜びいただいています。

現在来年のご予約も入り出しており、スケジュールも調整中です。
福岡の色彩/カラーの研修、勉強会、カラー/色彩の広いジャンルのそれぞれの専門が揃うカラーコンサルタント/イルドクルールにぜひご相談下さい。



おかげさまで九州で21周年
カラーコンサルタント/カラースクール
イルドクルール

http://www.e-sikisai.com
電話092-731-0365
メール japancolorbank@aol.com  


2015年09月09日

福岡九州のカラーグレーディング、カラーコレクション

BMD fukuoka 2015

福岡はじめ日本国内の映像関係の皆様の間で、カラーコレクションやカラーグレーディングはもう必須になって来ています。
導入していらっしゃらない、ポスプロや、また映像編集関係者は皆無になって行く事でしょう。

しかし、カラーグレーディングやカラーコレクション、その前に一つ実に大事なプロセスがあります。
モニターの適正化、つまりモニターキャリブレーションです。
機器によって、calMANやX-Rite、Datacolorと言った光学専用機器を用い、制作編集に使うモニターの色を適正化しておく事は今や必須です。

このプロセスを省いてしまうと、データの受け渡し等で色のクオリティに大きな隔たりができて、クオリティを確保できないばかりか、大きな効率的なデメリットを被る事が予想されます。

映像の現場がデジタルのワークフローになって久しいのですが、ここ福岡(すでに福岡制作のフルCGの長編映像は珍しくなりました、もちろんゲーム産業も福岡に台頭して来ています)や日本の映像に関わる皆様がより円滑に高クオリティの作品を生み続けるテクノロジーは整っています。
あとは、人任せでない、色に責任を持てる適切なモニターキャリブレーションを導入するのみです。

カラーコンサルタントイルドクルールでは、
福岡および九州で、適切なモニターキャリブレーションおよびキャリブレータ選定のお手伝いをしています。


おかげさまで九州で21周年
カラーコンサルタント/イルドクルール

http://www.e-sikisai.com
メール japancolorbank@aol.com
電話  092-731-365




  


2015年08月17日

福岡のカラー・色彩のご質問やご相談を広く承っております

colorist fukuoka

九州のカラー・色彩のご質問や問題解決のご相談を広く承っております。
個人様、企業団体様向けのカラーの専門員が対応させていただいています。


▼福岡のカラー最新情報はこちらをごらんください
http://mbp-fukuoka.com/color/column/8981/


▼イルドクルールの最新のカラースクール情報です
http://gooschool.jp/sc/iledecouleurs/

イルドクルールでは定期的に「福岡カラー診断DAY」を設け、最新のノウハウでカラー診断をカジュアルに受けていただくイベントを準備中です。


おかげさまで九州で21周年
カラーコンサルタント/イルドクルール
▼秋からの福岡/九州の色彩情報をアップしました
http://www.e-sikisai.com




  


2015年07月20日

パソコンのモニターキャリブレーションは必須です@福岡

color managimento fukuoka
福岡、九州でパソコンのモニターのキャリブレーションの情報を提供しています。
特にクリエイティブな専門分野やWEBに関わる方にあっては、パソコンのモニターは定期的に調整し、常に適正な色を表示しておく必要があります。

なお、キャリブレーターの供給メーカーの一つ、Datacolor社はSpyderシリーズを刷新。
7月にSpyder5をリリースしました。

こちらの福岡のカラーブログからも使用感や新しいクオリティもリポートして参ります。








毎月恒例の「福岡色彩塾」(要予約/参加費無料)
8月9日(日)に13時からと18時から先着6名さま要予約にて開催。
現在13日からが残席わずかです。
カラー・色彩の学び方のご相談も当日会場で承っております。
▼福岡色彩塾の詳細を参考までにリンクしております
http://mbp-fukuoka.com/color/seminar/2/

▼イルドクルールの最新のカラースクール情報です
http://gooschool.jp/sc/iledecouleurs/

イルドクルールでは定期的に「福岡カラー診断DAY」を設け、最新のノウハウでカラー診断をカジュアルに受けていただくイベントを準備中です。


おかげさまで九州で21周年/イルドクルール
カラーコンサルタント/イルドクルール
http://www.e-sikisai.com



  


2015年05月07日

福岡の研修や講演ご依頼

カラー研修画像福岡
福岡で、カラー/色彩の内容の講演/講習のご依頼はますます増えています。
また、一時は東京や中央への色彩専門家依頼が主流でしたが、結局本当に大事なことがアフターフォローである事から、経費も少なくてすむ同じ九州福岡の地場のカラーの専門家にご依頼いただくケースが増えているようです。

もちろん、カラー/色彩の専門性は、何もカラーコーディネイトや、パーソナルカラー、カラーセラピーだけではありません。
福岡内外の実に多岐にわたる企業、団体の皆様に、カラー/色彩の講演ご依頼、講習ご依頼、研修ご依頼をいただいています。
また、公立学校の授業の一環としてご依頼いただいたり、また父母の皆様の研修にご依頼いただくケースも増えています。

毎回、丁寧なヒアリングをさせていただき、オリジナルで充実した内容になりますよう、スタッフ一同懸命です。当方のスタッフの中には、各地の商工会のエキスパート登録しているもの増え、ますます地域で色彩の有効活用をすすめる原動力となっています。

商品開発、広報活動、プロモーション活動、WEB制作、C.Iやコーポレートカラー選定、建築や社屋、内外装の色選定、ユニフォームや社用車の色選定、是非お気軽にご相談下さい。


おかげさまで九州で21周年
カラーコンサルタント
イルドクルール
http://www.e-sikisai.com


▼九州のカラー/色彩の専門教育ならこちらをご覧下さい
http://gooschool.jp/sc/iledecouleurs/
  


2015年01月31日

福岡のユニバーサルデザイン 

福岡はユニバーサルシティを掲げていますが、
その取り組みはまだまだこれからです。


ユニバーサルデザイン福岡

画像は直近の福岡の公共交通機関のバス車内です。
西鉄バスは、先のバスデザイン変更時、コンペでD社のデザインを採用。

しかし、その内装は「心地良さ」「快適」を優先したと伝えられ、
ユニバーサルデザインが考慮されたものとはお世辞にも言えないカラーデザインでした。

社内のポールや危険箇所、また、段差のある所もほぼ無配慮の薄いグレイ。
弱視や、高齢視で、色による確認が困難な方々には死活問題でした。

当方はじめ、市民から声も上がった事と考えます。

やっとここ最近低床バスや、
危険各所にLEDや蛍光色の採用、このように社内のポールもオレンジになりました。

また、あいかわらず車内放送のテープは日本語で、海外からの乗客には困惑するバスでしょうが、
一部で社内の行き先や料金ディスプレイが、複数言語表記になった事は朗報でしょう。

国際都市を掲げる自治体と、地場の公共交通機関を担う企業の更なる努力と積極的取り組みを期待します。




おかげさまで九州で21周年
カラーコンサルタント/カラースクール
イルドクルール

http://www.e-sikisai.com
電話 092-731-0365
メール japancolorbank@aol.com


★スマホでご覧の方は下記リンクをクリックしてみてください

▶福岡/九州のカラースクール情報・スマートフォン版はこちら(※「グースクール」スマートフォンページに移動します)

スマホ画面イメージ画像福岡