2018年04月19日

カラーコーディネイト無料講習会・福岡天神で明日から3日間

ONWARD2018web

明日から開催の福岡天神/ONWARD スプリングファミリーセール2018。

今回のトピックスは、カラーコンサルタント/カラースクール/イルドクルールがONWARDイベントと提携。
4月20(金)21(土)22(日)と4月28(土)29(日)30(月)の毎日13時と15時から、
カラーコンサルタントがカラーコーディネイト講習を無料で会場で行います。

また、こちらも話題、
4月22(日)と29(日)の13時から日曜限定企画として、先着10名様限定で
イルドクルールの色が正しく見えるカラー診断専用標準光を使ったカラー診断が、
ONWARD スプリングファミリーセール限定の2,000円で受けることができます。

このONWARD スプリングファミリーセールは
「社員/ご家族入館証」
または、
「招待状」をお持ちの方のみ入場できます。

カラー診断はイベント15分前から先着順で受付ます。
カラー診断はメイクを取って行いますので、メイクが落とせないお客様は残念ですが受けることができません。
カラー診断は個別に行いパーテーションを設けプライバシーを保ちます。
色が正しく見えるカラー診断専用標準光を使い基本に忠実に丁寧に行います。
メイクをしたままのカラー診断は必ずと言って良いほど誤診になり無効です。


【イベント入場をご希望の方ほかお問い合わせ先】
イルドクルール
http://www.e-sikisai.com
電 話 092−731-0365
メール color@e-sikisai.com


イルドクルールとイルドクルール系列のカラーリストは、
カラー診断会でもカラー診断イベントでも、メイクを取って、パーソナルカラーの基本通り、色が正しく見える環境/照明(照度、色温度がカラー診断・判定に最適な数値/演色性は国内外最高クオリティのRa99AAA)でプライバシーを重んじて丁寧なカラー診断を行います。

  


Posted by kazuworks at 17:18Comments(0)デジタルカラー福岡

2018年01月21日

【福岡】パーソナルカラー診断をメイクをしたまま受けた結果

PANTONE fukuoka 2018
「パーソナルカラーは結構変わる」
「パーソナルカラーは変化するので2年程度で定期的に受けた方が良い」
という無責任な根拠のないことをいうカラーリストの話をよく見聞きします。

パーソナルカラー診断の実際の問題として、特に多いのがメイクを取らない事例や、カラーリストがメイクを取る必要があることを告知しない例。

メイクを取らないで行うカラー診断は、
メイクごとにその答えが存在。
それでは、パーソナルカラーが容易に変わってしまう、根拠のない言葉が拡散するはずです。

▼パーソナルカラーが変わると誤ったことを言われる理由を詳しく解説しています。
http://mbp-fukuoka.com/color/column/12778/


カラースクール・カラーコンサルタント
イルドクルール福岡天神

http://www.e-sikisai.com
電 話 092-731-0365
メール color@e-sikisai.com
  


2017年12月13日

【福岡】モニターキャリブレーション用のキャリブレーター展示とデモ実施

datacolor福岡
福岡天神のイルドクルール・カラースタジオには、Datacolor社のSpyderはじめ主要製品実機を常備。
リクエストいただければ簡単なモニターキャリブレーションやSpyder checker,Spyder CUBEの使用のデモも行います。
もちろん、九州ではおそらくここだけのオンリーワンのサービスです。

▶︎Datacolor社キャリブレーション機器情報
http://www.datacolor.jp/products/monitorcalibration/spyder5pro.html

福岡天神のカラーコンサルタント
イルドクルール
http://www.e-sikisai.com
  


Posted by kazuworks at 23:02Comments(0)デジタルカラー福岡

2015年11月07日

PCやMac、色は適正ですか?@福岡

spyder fukuoka kyusyu

福岡で、制作現場のクリエイターの皆様から、色的に、モニターをキャリブレーションすると、どのくらいちがいが出るのだろう?
そう言うご質問を多くいただきます。

リクエストいただければ、モニターキャリブレーション、何を選べば良いのか、どうすれば良いのか、説明に上がります。
WEB制作の現場には特にマストな事ですので、強くおすすめします。
また、色的に、光的に、照明的に、どう制作環境を改善すべきかもご提案します。


福岡/九州でカラーマネジメントやカラーマッチングのお手伝いができるオンリーワンのカラーコンサルタントです。

パソコンやMacのカラーマッチング、キャリブレーション
カラーコンサルタント/イルドクルール
http://www.e-sikisai.com/topics.html
電話092-731-0365
メール japancolorbank@aol.com
  


2015年07月03日

福岡色彩塾、7月の締め切り間近です

色彩塾福岡

福岡で好評いただいております「福岡色彩塾」7月5日の開催は、明日24時までで定員に達し次第の締め切りとなります。
あしからずご了承ください。

http://mbp-fukuoka.com/color/seminar/2/

おかげさまで九州で21周年
カラースクール・カラーコンサルタント
イルドクルール
http://www.e-sikisai.com  


Posted by kazuworks at 10:06Comments(0)デジタルカラー福岡

2014年10月05日

福岡のフォトショップを使う方にはキャリブレータは必須でしょう

福岡はゲームはじめ映画やWEBデザイン、様々なデジタルコンテンツの制作が盛んです。
そのクリエイターのほとんどの皆さんがお使いの画像編集ソフトAdobe Photoshop。
現バージョンはCCまで進化しましたが、このフォトショップを使う方にはキャリブレータは必須でしょう。

せっかくの写真編集も、モニター画面が適正でないばかりに、修正修正の作業に追われる事は良く聞く話です。また、色の問題が解決できずに大きく納期がずれ込む事、また作業時間が必要以上にかかってしまうこともあります。


キャリブレータ画像福岡


キャリブレーターは、今ではエンドユーザーでもインストールから運用まで特に難しいものではなくなって来ています。
イルドクルール福岡では、確実なヒアリング後に、最適なコスパに優れたキャリブレーターをおすすめしています。

画像はDatacolor社Spyderシリーズ。
他に選択肢としてはX-Rite i1シリーズをおすすめしています。


おかげさまで九州で20周年
カラーコンサルタント・イルドクルール
http://www.e-sikisai.com
電話092-731-0365
メール japancolorbank@aol.com

↓イルドクルールのパーソナルカラー診断を画像付でわかりやすく解説しています
http://www.e-sikisai.com/coloranalysis1.html
  


Posted by kazuworks at 14:15Comments(0)デジタルカラー福岡

2014年05月15日

テレビ番組撮影やCM広告制作、ムービー撮影に必須のアイテム

マイベストプロ福岡のカラーのコラムでも
静止画や動画撮影のカラーマネジメントや、カラーコレクションについて少しふれました。

http://mbp-fukuoka.com/color/column/5656/

撮影用カラーチェッカー福岡画像

福岡でも、テレビ局の撮影や映画製作・各種ムービー制作、広告番組制作の現場でカラーの問題が色々あるようです。
特に今はほとんどが現場はデジタルのワークフローです。
一概に言えませんが、まずモニターの適正化/キャリブレーションや、
撮影時の色光のコントロールが「見慣れた自然な色」を再現してくれますね。

※動画撮影には、一定の大きさがあった方がおススメ。
そこが静止画撮影と異なるポイントでしょう。
SpyderChecker
http://www.datacolor.jp/products/camerasolutions/spydercheckr.html
(イルドクルールでは、SpyderCheckerのDatacolor商品、i1のX-Rite製品のお問合せ納品も受け付けています)


イルドクルール福岡は、カラーの現場のプロがスキルを伝授するカラースクールです。

▼カラースクール・イルドクルールの情報
http://gooschool.jp/healing_SM009/fukuoka/7800108/0001/


福岡だけでなく、大分、長崎、佐賀、熊本、宮崎、鹿児島、もちろん、沖縄に皆さん、福岡でのパーソナルカラー診断をご検討下さい。

「標準光を用いたパーソナルカラー診断/標準光カラー診断の実践ノウハウ」
http://www.e-sikisai.com/coloranalysis2.html

イルドクルールはおかげさまで20周年★
http://www.e-sikisai.com
電話092−731−0365
メール japancolorbank@aol.com

※初期的な電話やメールでのご相談は無料でいつでも受け付けています。
お気軽にカラーのプロのアドバイスを活用下さい。


↓イルドクルールの松元昌子のカラーコラムはほぼ毎日アップしています
http://mbp-fukuoka.com/color/column/  


Posted by kazuworks at 11:11Comments(0)デジタルカラー福岡

2014年01月21日

北九州市小倉駅に新しいデジタルコンテンツクリエイター育成施設

今朝の西日本新聞朝刊によると、
北九州市小倉駅に新しいデジタルコンテンツクリエイター育成施設ができるニュース




当方もお世話になっているデジタルハリウッド/デジハリも参画する方向なら、
北九州だけでなく、山口、広島の方々にも新幹線で通えて朗報となりそうです。

ちょうど、私たちのイルドクルールも4月から北九州市で、デジタルカラー担当の長講師が新たにカラー/色彩の講座を開講するので、楽しみが増えました。

↓何より北九州の新しいポジティブなニュースです
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_kitakyushu_keichiku/article/64531




イルドクルールはおかげさまで20周年★
http://www.e-sikisai.com
電話092−731−0365
メール japancolorbank@aol.com

※初期的な電話やメールでのご相談は無料でいつでも受け付けています。
お気軽にカラーのプロのアドバイスを活用下さい。




  


Posted by kazuworks at 12:04Comments(0)デジタルカラー福岡

2013年12月15日

パソコンのカラーは知っておくととても有効です@福岡



今は小学生から普段の生活に欠かせないPC/パソコン。
先日訪れた福岡県内の小学校もデジタル黒板やデジタル機器がいっぱい。
もちろん、大人は男性女性の別なく生活の中に特別なものとして扱われていますし、
近年は恒例の方でもネットユーザーや、パソコンユーザーは増えていますね。

例えば、福岡でも郊外の「道の駅」とかを訪れると、出荷される農家の方も、製品のラベルをパソコンで入力なさっています。

そのパソコンについて教えてくれるスクールはいくらでもありますし、解説書はいくらでも流通しています。
しかし、現状、パソコンのカラーの扱いや、色の作り方、色の管理の方法を教えるスクールはほとんど皆無です。

でも、パソコンも当然カラー・色が大事な事は皆さんよくご存知でしょう。

一見、「パソコンのカラーなんて関係ないからね」とも思えるカラーも、
ネットショッピング、ブログ、写真、絵画閲覧、イラスト、そして専門性の高いグラフィックデザイン、WEBデザイン、パッケージデザインと、ダイレクトに関係するのはカラー/色彩なのです。

イルドクルール福岡では、個人レッスン、グループレッスンで、この案件もしっかり学べる講座を準備しています。
※画像はMS/Officeの画像処理が面ですが、年賀状初め、一般のオフイスワークにも、パソコンのカラーの基本知識は必要になって来ています。


イルドクルールはおかげさまで20周年★
http://www.e-sikisai.com
電話092−731−0365
メール japancolorbank@aol.com

※初期的な電話やメールでのご相談は無料でいつでも受け付けています。
お気軽にカラーのプロのアドバイスを活用下さい。


▼[ご相談の一例]
色彩の学び方について
とっておいた方が良いカラーの検定や資格について
衣食住のカラーコーディネイトや、色の選択について
店舗や企業団体のコーポレートカラーやイメージカラーについて
制作現場(WEBはじめデザイン全般)のカラーの扱いや調整、カラマネについて
絵画やアート制作での色彩のヒントや調和理論の上手な利用法
パーソナルカラーや、カラー診断について
色彩心理について
カラーセラピーについて
住いのリフォームや新築での色彩計画やプランニング全般
(勉強部屋に適した色/家族団らんの色/ダイエット/高齢者への配慮etc)
地域や町の色彩計画や環境の色彩調整や調査について
商品開発のカラーデザインや、NGと思われる色について
(農業生産品や加工品のイメージに残るパッケージやネーミングとカラーデザイン)
学校教育現場での適切な色彩の使い方に似ついて/学校経営/学級経営/学校内装外装/効果を上げる色
医療や介護の現場での適切な色彩の使い方について/施設の色彩/制服等の色彩/コミュニケーション
スポーチチームや、団体のユニフォームの色/コンセプトや色彩心理の活用
店舗の色彩計画/コンセプトやコンテンツを活かす色の選択
違和感や嫌悪感を与えないイメージアップのための屋外看板やサイン
好感を与えるテレビスタジオセット、またイベント会場セットのカラーデザイン

カラーの各専門家がお答えしますので、お気軽にお問合せ下さい。
  


Posted by kazuworks at 11:11Comments(0)デジタルカラー福岡

2013年11月22日

WEB制作CG制作のカラーの基準@福岡

福岡でWEB制作CG制作のカラーの基準をご紹介しています



イルドクルールでは、福岡はじめ九州各地でWEB制作CG制作のカラーの基準をご紹介しています。
DTP/印刷なら、印刷の色の基準(印刷機はじめ、DTPの後工程のワークフローやラインンに依存しますが)はDICでありTOYOのインキの色見本になります。
まちがっても、WEBやCGをDICで考える方はいないでしょう。

建築の塗装等では当然日塗工の色見本やマンセルがベースです。
アパレルやファッションなら、PANTONE(R)f&hが世界の基準です。

…では、WEB制作CG制作のカラーの基準を福岡のクリエイターの皆様はお持ちですか?
「無いでしょう?」
いや、最初から物理モデルで作られた新色2,300色ほどのデジタルな色見本/カラーガイドがあります。
しかも、本当に美しい色ばかり。

いつもカラーの講義やレッスンで申し上げていますが
「良い作品は良い色から生まれます」
ぜひ、お問合せ下さい。
導入も全く簡単です。

イルドクルールはおかげさまで20周年★
http://www.e-sikisai.com
電話4092−731−0365
メール japancolorbank@aol.com

※初期的な電話やメールでのご相談は無料でいつでも受け付けています。
お気軽にカラーのプロのアドバイスを活用下さい。


▼[ご相談の一例]
色彩の学び方について
とっておいた方が良いカラーの検定や資格について
衣食住のカラーコーディネイトや、色の選択について
店舗や企業団体のコーポレートカラーやイメージカラーについて
制作現場(WEBはじめデザイン全般)のカラーの扱いや調整、カラマネについて
絵画やアート制作での色彩のヒントや調和理論の上手な利用法
パーソナルカラーや、カラー診断について
色彩心理について
カラーセラピーについて
住いのリフォームや新築での色彩計画やプランニング全般
(勉強部屋に適した色/家族団らんの色/ダイエット/高齢者への配慮etc)
地域や町の色彩計画や環境の色彩調整や調査について
商品開発のカラーデザインや、NGと思われる色について
(農業生産品や加工品のイメージに残るパッケージやネーミングとカラーデザイン)
学校教育現場での適切な色彩の使い方に似ついて/学校経営/学級経営/学校内装外装/効果を上げる色
医療や介護の現場での適切な色彩の使い方について/施設の色彩/制服等の色彩/コミュニケーション
スポーチチームや、団体のユニフォームの色/コンセプトや色彩心理の活用
店舗の色彩計画/コンセプトやコンテンツを活かす色の選択
違和感や嫌悪感を与えないイメージアップのための屋外看板やサイン
好感を与えるテレビスタジオセット、またイベント会場セットのカラーデザイン

カラーの各専門家がお答えしますので、お気軽にお問合せ下さい。
  


Posted by kazuworks at 15:23Comments(0)デジタルカラー福岡

2013年11月18日

モニターの色は正確ですか?@福岡

今使っているモニターの色に「?」と思ったら、まず適正化する事ですね。



精度の悪い色環境でのクリエイティブワークはただただ危うい、ナイフのエッジを裸足で歩くようなものです。

イルドクルールでは福岡のクライアントの皆様に適材適所な、X-Rite社製品、Datacolor社製品、簡単なヒアリングの後ベストなソリューションをご提案しています。



●福岡の男性のカラー診断、イメージコンサルティングも好評いただいています
http://mbp-fukuoka.com/color/column/3703/


イルドクルール福岡のカラー診断は、5,250円からの料金設定でサプライズがいっぱい♬


イルドクルールはおかげさまで九州で20年
イルドクルール福岡

http://www.e-sikisai.com
電話092−731−0365
メール japancolorbank@aol.com


▼カラーリスト松元昌子の直近の情報はこちら
http://mbp-fukuoka.com/color/  


Posted by kazuworks at 19:09Comments(0)デジタルカラー福岡

2013年10月03日

顔色悪く無い?就活証明写真、SNSのプロフ写真撮影のヒント

福岡の専門家が集うポータルサイトのカラーのコラムに、今日は就活証明写真、SNSのプロフ写真撮影のヒント
http://mbp-fukuoka.com/color/column/4429/
を書いています。

就職活動やブログ、SNSと、顔写真はとても大切。
顔色が良いか悪いかを、人は本能的に瞬時に目をやります。

顔写真、顔色が悪くて損をしていませんか?
最近は、街頭の写真撮影機も顔色が良く写ることをアピールする機器も増えています。  


Posted by kazuworks at 10:12Comments(0)デジタルカラー福岡

2013年07月09日

誰も教えてくれないPCのカラー管理@福岡

普通にブログ等を拝見していると、まったく意味の不明な色再現の画像に出会います。

ただ、これは私たち福岡のカラーリストやクリエイターとしても全く笑っている状況ではなく、実際カラーリストさんのブログでも「あきらかに色管理ができていない」ブログや画像のアップが見られます(日本中どこでも)。

それは…
カメラが悪い
パソコンが悪い
モニター画面が悪い
パソコンのソフトが悪い

とは一概に言えません。

ただ、パソコンやデジタルのカラーを管理出来ているか、またちゃんとハンドリングができているか…
は、至ってグレイです。

誰しも自分で飼っているペットが一番可愛い様に、自分で使っているPCの色は絶対正しいと信じて疑いません。
だから、店頭でPCを購入して一回もモニターの色調整(厳密にはキャリブレーション)を行わないカラーリストやクリエイターが沢山いらっしゃるのです。



私は私の所属するカラースクールの生徒さんにはしつこいくらいPCの色管理をすすめます。
また、同時に色管理の敷居が高いPC/パソコンより、より色管理がしやすく、カラーやデザインを扱うために作られているとも過言ではないMac/Appleの利用を強くすすめます。

ぜひ、福岡でご活躍のカラーリストさん、そして新進気鋭のクリエイターの皆さん。
モニターの色管理のアドバイスはお気軽にご相談下さい。
一番最初に取り組んでおく事がカラーマネジメントです。



●福岡の男性のカラー診断も好評いただいています
http://mbp-fukuoka.com/color/column/3703/


イルドクルール福岡のカラー診断は、5,250円からの料金設定でサプライズがいっぱい♬



イルドクルール福岡

http://www.e-sikisai.com
電話092−731−0365
メール japancolorbank@aol.com


★カラーリスト松元昌子のカラーコラムはこちらでご覧いただけます
マイベストプロ福岡

http://mbp-fukuoka.com/color/column/  


Posted by kazuworks at 14:01Comments(0)デジタルカラー福岡

2013年06月28日

カラーデザインも基本通りに取り組みます



カラーデザインの案件を複数いただいています。
最近はいきなりPCの前に座って、ソフト主導でてきぱきと制作される方が主流ですが、私はまずコンテや色鉛筆、マーカーでラフスケッチを起こして、少しずつアイデアを組み立てていきます。

まず、コンセプト。
そして、コンセプトに従った最適な色の選択。

そして、グラフィックのラインは、手描きの有機的な線を使います。
時代遅れかもしれません、しかし、慎重にカラーデザインの仕事をしたいのです。



「カラーの学び方セミナー福岡」
6月30日(日)は13時から実施します。
会場は福岡市中央区大名イルドクルールで実施、無料ですが必ずご予約下さい。

ぜひこの機会に、カラーの現場のプロの声をダイレクトに聞いてみませんか?
きっと毎日の生活の中に活かせるヒントもゲットできるはずです。

★また、イルドクルールでは特別企画として、「フリーカラーレッスン」を無料で実施。こちらはほぼ毎日19時から予約制で実施予定です。
あなたの「カラー/色彩のわからない」を解決する30分のプライベートカラーレッスン。アフターファイブでも参加可能な時間設定ですので、お急ぎご検討の上ご予約下さい(各日先着1名様)。



●福岡の男性のカラー診断も好評いただいています
http://mbp-fukuoka.com/color/column/3703/


イルドクルール福岡のカラー診断は、5,250円からの料金設定でサプライズがいっぱい♬



イルドクルール福岡

http://www.e-sikisai.com
電話092−731−0365
メール japancolorbank@aol.com


★カラーリスト松元昌子のカラーコラムはこちらでご覧いただけます
マイベストプロ福岡

http://mbp-fukuoka.com/color/column/
  


Posted by kazuworks at 00:11Comments(0)デジタルカラー福岡

2013年04月25日

まずPC/パソコンやMacの色を管理する事が一番です



今日は当カラーコンサルタントのデジタルカラー担当が、福岡市内のクリエイティブ関連企業様の環境改善の業務にあたりましたが、デザイナー、WEBデザイナー、CGクリエイター、広告制作、そしてカメラマン、カラーリストと色を扱う事がお仕事の方々には、まずPC/パソコンやワークステーション、Macの色を管理する事が一番です。

イルドクルールでは、きめの細かいヒアリングを行いお客様に一番最適の環境設定をご提案。
PC/パソコンやMacの色を管理する事で、付加価値を高め同時に業務の効率化も実現します。

ぜひ、お気軽にご相談下さい。
きれいな色と正確な色とは異なります。




イルドクルール福岡

http://www.e-sikisai.com
電話092−731−0365
メール japancolorbank@aol.com


★カラーリスト松元昌子のカラーコラムはこちらでご覧いただけます
マイベストプロ福岡

http://mbp-fukuoka.com/color/column/  


Posted by kazuworks at 23:41Comments(0)デジタルカラー福岡

2013年03月31日

福岡のデジタルコンテンツとカラーデザイン/配色



画像は福岡を走る西鉄のタクシーの1台ですが、配色やカラーデザインは、色数が増えれば増えるほど難しいものです。
もちろん、こういう表面色を扱うデザインだけでなく、今時のデジタルコンテンツにあっても事情は同じ。いや、逆に難易度は増すと考えられます。

しかし、アナログなカラーデザインと異なり、モニターや各種スクリーンで表現するデジタルコンテンツの場合は、「色の刺激を制御する」と言う考え方で取り組んでいただくアドバイスをさせていただています。

イルドクルールは、一般的なWEBデザインや、CG、ゲームやムービーと、デジタルコンテンツのクリエイターの方々へのカラーデザインやカラーマネジメントの提案に力を入れています。


イルドクルール福岡

http://www.e-sikisai.com
電話092−731−0365
メール japancolorbank@aol.com  


Posted by kazuworks at 09:26Comments(0)デジタルカラー福岡

2013年03月30日

2013年福岡ソフトバンクホークスの開幕戦




2013年福岡ソフトバンクホークスの開幕戦は満員のファンの中、快勝に終わりました。
ドームの今年の変化は、外野のビジョン/スクリーンが、国内最大級の面積になった事。
次々に変わるCGアニメーションを制作するクリエイターも、このキャンバスの広さはさぞ苦労が多い事でしょう。

一般的な屋外のサイン/看板は縮小の傾向にありますが、こうやって色々なものとリンクした新しい広告(デジタルサイネージもそうです)の台頭を感じさせる一夜でした。

ここでも、その広告の効果の成否をにぎっているのがカラー/色彩だと痛感します。
色を管理し、マーケティングにしっかりつなげていく新しい広告のスタイルが走り出しています。

カラー/色彩は、企業イメージをアップさせ、印象を残すために大きな意味を持ちます。




イルドクルール福岡

http://www.e-sikisai.com
電話092−731−0365
メール japancolorbank@aol.com

★カラーリスト松元昌子のカラーコラムはこちらでご覧いただけます
マイベストプロ福岡

http://mbp-fukuoka.com/color/column/  


Posted by kazuworks at 10:19Comments(1)デジタルカラー福岡

2013年01月10日

X-Rite ColorMunki Smile

カラーの仕事には、まずパソコンやワークステーションで正しい色を表示する事は最低限必要です。

カラーマネジメント初心者対象のキャリブレーターが、X-Riteから2月頃発売の見込みです。
当方は九州福岡カラーリストや、クリエイターにはハイエンドなキャリブエーターをおすすめしていますが、当然光学や色彩学の知識も不可欠でハンドリングもやや難易度が高いの現状。
でも、このSmileはどうやら簡単そうです。
  


Posted by kazuworks at 11:19Comments(0)デジタルカラー福岡

2012年12月07日

設計事務所のカラーのトラブル

「カラー@福岡」は、福岡のカラー、カラーデザイン、パーソナルカラー、色彩心理、環境色彩のリアルタイムな情報と話題をお届けします。

設計や内装関係の方とカラーについてしばらく時間をいただき、お困りの状況をお話を聞きました。

まず、設計の完成パースやイメージパース。
これが色が合わない。

つまり、モニター表示の色と、出力で出したプリントと全く異質の色になる。
もちろん、日本塗装工業協会の塗装色見本を交えると三者三様の色になってもう終始がつかない…

場合によってはクライアントさんや施主の方が
「手描きで起こした完成パースの方が的確でイメージしやすい」
とおっしゃることも。

まず考えられる原因に3つ。

PCのモニターの色がおかしい。
プリンターや出力機の色がおかしい。
どちらともおかしい
…が考えられますね。

まず、何もしないデフォルトのまま、工場出荷のままのPCやワークステーションでは正確な色は表示できません。

まず無理ですし、日々劣化もします。
同様に、正確かどうかも保証されない画面で調整した設計パースは、プリンターがいくら優秀でも、出る色は全く別物になります。

当然、紙も大事です。
まず、出力する画面にモニターの白を合わせているかも大事。

ちゃんと手順をふめば、大きな出費なしにちゃんと設計パースイメージした色で表現できる物です。

カラーコンサルタント福岡にぜひ、ご相談ください。
最短距離で原因をつめていきましょう。


イルドクルール福岡

http://www.e-sikisai.com
電話092−731−0365
メール japancolorbank@aol.com

↓福岡のカラーリスト松元昌子の情報はこちらをご覧下さい
http://mbp-fukuoka.com/color/column/

↓福岡で10月,11月と新しいカラー講座がスタートしました♪
http://colorbank.yoka-yoka.jp/e896171.html

クラスによってはまだ受講は間に合いますので、ぜひお気軽にお問いあわせください。
納得して御受講いただけますよう、ご検討の段階でご希望をいただければ説明会や相談会を個別に設定できます。
ご都合の良い日時をメールやお電話でお知らせ下さい。

  


Posted by kazuworks at 11:56Comments(0)デジタルカラー福岡

2012年10月30日

カラーの専門家の皆さんが抱える色の問題解決を福岡で

カラーの専門家の皆さんが抱える色の問題解決を福岡で



PCやMacのカラー表示は工場出荷のままで使うと、自然に経年劣化します。
また、それぞれのメーカー差や、グラボや液晶、バックライトの個体差もあります。
Macもパーフェクトではありませんが、まだ管理が容易ですが、WindowsPCでのカラー管理は一手間かかります。

クオリティあるカラーの提案のために、カラーリストやカラーコーディネイターは、自身が使うPC、Macのカラー管理が必要です。

モニターの色がおかしいと感じていらっしゃる方。
プリントの色がおかしい、思い通りにならないと感じている方。
プレゼン等でPCやMacのモニターと、プロジェクターの色が一致せず苦しんでおられる方。
そして、カラー診断の照明でお困りの方。

お気軽にご相談下さい。



イルドクルール福岡

http://www.e-sikisai.com
電話092−731−0365
メール japancolorbank@aol.com
カラーリストの皆様の環境改善のお手伝いをさせていただきます。  


Posted by kazuworks at 00:46Comments(0)デジタルカラー福岡